工藤バレエスクールが目指すバレエ教育

いろんな人をしあわせにできる人間の育成をめざして

姿勢が良くなることや、健康的になるなど、ごく当たり前の事から始まり自然に礼儀作法やごあいさつが身についていきます。

心地よい環境の中で感性が磨かれ、豊かな表現力が育ち、積極的に自己アピールをしようとする気持ちが生まれます。本当に思いやりのある、心あたたかい、コミニューケーションのとれる子供が育っていくことになると思います。

また、バレエを通して集まってくる生徒同士に、大きな連帯感が生まれ、個々人の協調性がはぐぐまれ、豊かな人間性を育てる教育となるのです。

英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス (RAD)

RADの教育システムに基づいた指導

RADの教育システムに基づき、生徒のニーズに合わせた段階的なシラバス内容を提供しています。
RADより認定された指導者によって「適切な年齢」に「適切な順番」でクラスを進めていきます。

RADには「指導者向けの講座」が頻繁に用意されています。指導者は自分の指導内容を見直す機会を得ることができ、常に指導力を向上させています。

どんな人でも、バレエを踊りたい人が純粋に踊ることを楽しめる。さらに、RADの試験制度により「人前に立つ経験や達成感」を得ながら、バレエを習得できるのもRADの特徴です。

英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス<RAD>とは

英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(以下RADと称す)は、豊かな表現力のバレリーナ教育と国際的な教師育成を目的としバレエ教育の発展と高い基礎技術の維持のために1920年に設立された伝統ある組織です。

1936年には国王ジョージ5世から皇室憲章を受賞され、現在、故メリー皇后よりエリザベス女王陛下がパトロンを受け継がれている名門アカデミーです。これらアカデミーの教育は、本国・英国以外にも84ヶ国以上に及ぶ国々に伝えられています。

RADでは「シラバス」と呼ばれる大変詳細な基礎指導法と試験方式を導入しており、この教育方法は世界中で確かな評価を得ております。難関で知られる各試験を突破した生徒は、一流ダンサーとして確実に成長していき、さらに、このような優秀な生徒を生むための、すぐれた教師を養成する<教授過程>を設けられているのです。

英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス<RAD>

【検定実施国】 84ヶ国
【登録教師】 約8,000人
【RAD試験参加人数】 250,000人(年間)
※2018年4月現在

RADの試験の様子
バレエ・アナトミー <Ballet Anatomy>

安全を考慮した、怪我をさせない指導法

<ダンス・クリニック>の特徴は、身体解剖学を取り入れた医学的・科学的な指導法にあります。

わが国ではこうしたメソッドが確立されていないために、無理なトレーニングが重なって奇形になったり、上達が止まってしまうケースが多く見られます。

幼児期に無理なレッスンを続けると、せっかく才能があっても潰れてしまったり、伸びなくなってしまうケースがあります。こうした現状を改善するために、医学分野の応援協力を得て、骨格や筋肉の仕組み・機能を把握した、科学的かつナチュラルな指導を行っています。

教師紹介

当教室の教師陣は全員RADの教授課程を卒業し、RADの教師免許を取得したものばかりです。教師陣は、あえて様々なクラスをローテーションで担当し、子供達がより多くの先生と密に接することができるようなスタイルをとっています。

Read more
よくある質問

よくお問い合わせいただく質問と回答(Q&A)をご紹介しています。 その他、ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

Read more